SHUTOU
YUJI

//
帯山院
2010年入社年入社
HOME スタッフインタビュー » 帯山院 首藤 佑氏

policy

"大切にしていること"

パッション(情熱)

introduction

"MAHALOとの出会い"

18歳の時に交通事故に遭い、4ヶ月もの間病院に入院しました。入院後も身体に痛みがあり悩んでいた時に行ったのが整骨院でした。通った事で身体の痛みが軽減し、自分も将来は人の痛みが取れるような先生になりたい!と決心し、就職したのがおはな整骨院でした。

challenge

"将来の目標"

将来的には、私も分社化しておはな整骨院の代表になる事です。 熊本では、まだまだ整骨院に行きたくても遠くていけない方々が多くいます。熊本のNo1整骨院グループで地域の方々の健康寿命を1年でも2年でも伸ばしたいと考えています! その為にも現在では、多くの部下を育成し、同時に自分のスキルに磨きをかけ、人間的にも大きくなる事を目標にしています。

message

"未来の後輩へのメッセージ"

何をするかではなく、誰とするか! どんな取り組みも、そこに仲間がいるか、いないかでは、達成感が大きく変わってきます。 弊社には最高の仲間が集結しています。楽しく仕事をするならおはな整骨院です!間違いありませんし、必ず成長させてみせます! 一緒に楽しく患者様のために働きましょう! エビバディパッション!